Blog

ブログ

小学生が将来就く仕事におすすめなのは?

こんにちは。
ロジカ式寝屋川三井南教室のワッキー先生です。

ITの発達によって我々人間の仕事というのはどんどん減っています。
1説によるとこの先20年ほどで我々の仕事の40%ほどがロボットが行うと考えられています。

今の子ども達が働くときはもうロボットが多くの仕事を行っている時代という可能性がとても高いです。

小学生で将来の夢を考えるのは少し早いと思われる方もいらっしゃると思いますが、
むしろ逆でその段階から夢を考え構想を練っていくことでグッと夢に近づくと思います。

子どもさんの夢は保護者様が一緒に考え寄り添い一緒に進んでいくことで圧倒的に叶えやすくなります。

ずばりおすすめの仕事は?

我々はプログラマー、IT関連もしくはそれに携わるような仕事が良いと考えています。

根拠としては
・特別な資格がなくても可能
・IT社会になり需要がとても増していく
・日本以外でも通用する
・パソコンスキルに長けるため次の仕事にも繋がりやすい
などがあります。

プログラマーというと昔はパソコン好きな方が行っている職業なイメージでしたが、現在では小中高とプログラミング必修化が進み誰もが選択肢に入れることが出来る仕事になりました。

また必修化になったということは国が全面的にIT人材を欲しがっているという裏付けにもなります。

こういった事柄からいまプログラマーがとてもおすすめです。

そもそも小学生が将来なりたいものは?

小学生がなりたい職業ランキング2021年Ver

第一生命第32回「大人になったらなりたいもの」調査結果を発表 より引用

2021年小学生が考える将来の夢ランキング

男の子
1位 会社員               
2位 Youtuber/動画投稿者
3位 サッカー選手

女の子
1位 パティシエ
2位 教師/教員
3位 幼稚園の先生/保育士

男の子と女の子でばらつきがありますね。

男の子2位のYoutuber/動画編集者は最近憧れている子どもさんも多いようです。

女の子は上位2つに先生が入っており、人気なことが伺えます。

また男女ともに会社員が上位に入っていることから、堅実な将来設計を行っている子どもさんも多いようです。

今後ロボットが代わって行うと考えられている仕事は?

主に
・肉体労働
・店員
・事務仕事

などが挙げられます。

程度はあれど、どの仕事にもロボットの参入はあると考えられています。

逆にあまりロボット化されないと考えられているのが
・クリエイティブな仕事
・エンジニア
・芸術家
・コミュニケーションを必要とした仕事

などです。

高度に発達した時代では作る側というのが常に求められる傾向にあります。

先ほどの将来の夢と照らし合わせてみると会社員などはロボット化になりやすいですが
Youtuberや先生などはロボット化されにくいです。

ほかの事柄で考えてみる

実際の職業で年収が高い仕事は?

年収の高い職業ランキング

CLABEL人生攻略サイト様より引用

年収が高い職業TOP20です。

図に載っている多くの仕事が国家資格であったり特別な資格が多いです。

また1位の航空機操縦士や14位の電車運転士、16位の電車車掌などはIT化が進むにつれロボットが代わりに行う可能性が高い職業です。

19位のシステム・エンジニアは特別な資格もいらず今後IT化が進んでいくにつれて需要がどんどん増していく仕事です。

今後需要が増していくと考えられている仕事

ここまでで記載したとおり今後需要が増していく仕事のポイントは

・クリエイティブ(作る側)であること
・コミュニケーションが必要であること
・ITなどのパソコン操作が必要な仕事

・ロボット化になりにくい仕事

が挙げられます。

現段階で考えられるのは介護職、プログラマー、医療従事者などです。

将来のために勉強すべきことは?

ここまでお話してき、結局何を勉強したらいい職業に就けるの?と考えていらっしゃる方も多いと思います。

まず必須で勉強すべきはパソコンの操作です。

これはどんな仕事に就いても必要になってくるスキルです。

学校の先生ではプリント作成など
パティシエや介護職では事務仕事など
会社員や医療従事者ではパソコン業務全般
プログラマーでプログラミング作業

と今の仕事はパソコンを使わない仕事というのがとても少ないほどにパソコンスキルが重宝されます。

今後どんどんIT化が進みパソコンを使える人と使えない人のスキル差は開いていきます。

次に重要になってくるのがコミュニケーション能力の勉強だと考えています。

人間はコミュニケーションを取り集団で生活する生き物です。

相手の気持ちを察したり今自分が考えていることをうまく言葉にして伝えるというのはロボットだと難しいです。

またコミュニケーションの勉強は学校ではなかなか教えてくれることはなく自主的に取り入れていかないと養うことは難しいです。

ロジカ式プログラミング教室が行っている勉強方法とは?

ロジカ式プログラミング教室では先ほど述べたパソコン技術の他に人間力というものにも注力しています。

学校ではなかなか教えてくれない、けど社会に出た際に必須になる人間力をつけてほしいと考えています。

また将来どんな仕事に就くにしてもこの人間力というのは必要になってきます。

これからの時代に必要になってくるパソコンスキルとコミュニケーションスキルを含んだ人間力。

同時に学んで将来の選択肢を少しでも増やしましょう。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

まとめ

小学校からプログラミングが必修化になったもののパソコンを触る機会が少なかった保護者様はいまいち必要性があるのかなと疑問に感じてしまうと思います。

ですが国全体、もっと大きくいうと地球全体で今急速にIT化が進んでいます。

時代の流れに適応しその時必要な勉強というのを見極めていき学校の学習だけでなく自主学習も行うことで将来の夢に少しでも近づけると思います。

ですがそのためには子どもさんだけでなく保護者様も一緒になり考え行動することが必要です。

小学校からプログラミングが必修化になった今多くの方が小学生向けのプログラミング教室に通っています。

早い段階でプログラミングを勉強しているとそれだけ有利になります。

大切なのは何になりたいかではなく、なりたいもののために今何を勉強するかだと我々は考えております。

今一度子どもさんときっちりお話をして必要な勉強を取り込んでいきましょう。

授業無料体験申し込みはこちら
オンライン授業無料体験はこちら

著者情報

脇山春樹(わきやまはるき)

ロジカ式寝屋川三井南教室・教室長

趣味はパソコン関連、人と話すことです。パソコン歴は10年以上、趣味の範囲から実務まで幅広く対応しています。子供たちの成長を後押しできるよう「わかりやすいプログラミング教育」をモットーに、プログラミング講師として奮闘中です。プログラミングに関するあれこれを発信していきます。

お問い合わせ

お電話によるお問い合わせや、オンライン無料体験、授業無料体験会のお申し込みは下記より行ってください。