Trouble

お悩み解決

パソコンの知識がなくても大丈夫?

子どもがプログラミングを学びたいと言っていたり、パソコンが好きだけど

保護者様自身がパソコンの知識が無く子どもにプログラミングを勉強させるか、悩んでいる方も多いと思います。

今回はそういった方の疑問を解決していきたいと思います。

大事なのは子どものやる気

子どもはスポンジが水を吸収するように知識を吸収していきます。

たとえ保護者様がパソコン操作などが出来なくても子ども自身にやる気があればプログラミングは学ぶことが出来ます。

プログラミングは基本的に一人で行い、トライ&エラー(挑戦と失敗)の連続です。

その中でエラーが出た際に何がダメだったのかを根気よく探していくことがプログラミングを上達するうえで欠かせないです。

そこで子どものやる気があればエラーが出ても諦めずプログラミングを学ぶことが出来ます。

ですがどれだけやる気のある子どもでも何度もエラーが出ると挫折してしまう可能性もあります。

保護者様はうまく子どものやる気をアップして挫折しないように応援してあげることが大切になってきます。

保護者様として子どもに行ってあげれることをまとめみましたので参考にしてみてください。

保護者が子どもに行えることって何?

一緒に勉強に参加する

プログラミングは基本的には一人で黙々と勉強を行いトライ&エラーを繰り返す作業です。

エラーの連続が続き答えが見えないときはどうしても挫折してしまいそうになります。

そういったときに相談できる人、または一緒に勉強してくれている人がいると、
とても心強く感じます。

保護者様の多くはプログラミングは自分にはできないと思っている方も多いですがそんなことはなく、年齢や今までの経験というのはあまり重要ではありません。

またこれからの時代プログラミングというのは仕事の選択肢の一つや、
趣味などにも応用することが出来るので非常に有用性が高いです。

また家族間での会話やコミュニケーションにもなるのでとてもお勧めです。

プログラミング教室に通わせてあげる

プログラミング講師のもとで勉強するのも非常に有効です。

エラーの連続で詰まった際、挫折しないように手助けを行ったり、適切な指導で確実に知識を付けることが可能です。

自分で調べて勉強を行うことも非常に重要ですが、
諦めてしまってはそこで終わりになってしまいますのでプログラミング教室に
通うのも選択肢の一つです。

子どもに合った学習ソフトを紹介してあげる

プログラミングを学ぶソフトというのはたくさん存在します。

有料から無料のものまでたくさんありますが用途や行いたいことによって
ソフトは変わってきます。

プログラミング教室に通わせるのは悩んでいるけど子どもの勉強の後押しをしてあげたいと考えている保護者様は子どもの勉強を見守りながら子どもに合ったソフトを探して紹介してあげることをお勧めいたします。

過去に書いたおすすめのソフト紹介の記事はこちらから

まとめ

プログラミングというのは保護者様の知識の有無に関せず子どものやる気に非常に左右されます。

プログラミング教室に通わせるのはまだ悩んでいるけど何かしてあげたいと
お考えの保護者様は無料ソフトでも良いのでまずはプログラミングを体験させてあげて下さい。

プログラミングを行う楽しさやトライ&エラーを乗り越えたときの達成感などは他には変えることのできないものです。

また子どもが勉強するのと同時に保護者様も勉強を行うことでパソコン操作の
上達や、プログラミング技術獲得で仕事の幅もぐっと広がる可能性があります。

保護者様にパソコンの知識がないから子どもにもやらせないのではなく

子どものやる気と向き合ってみてください。

子どもは知識の吸収も技術の吸収も非常に早く
案外一人でもなんとかやっていけるものです。

著者情報

脇山春樹(わきやまはるき)

ロジカ式寝屋川三井南教室・教室長

趣味はパソコン関連、人と話すことです。パソコン歴は10年以上、趣味の範囲から実務まで幅広く対応しています。子供たちの成長を後押しできるよう「わかりやすいプログラミング教育」をモットーに、プログラミング講師として奮闘中です。プログラミングに関するあれこれを発信していきます。

お問い合わせ

お電話によるお問い合わせや、オンライン無料体験、授業無料体験会のお申し込みは下記より行ってください。